鹿児島発 ひろどんの日本一周cub旅

鹿児島からスーパーカブ110で日本一周放浪旅の日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一周 635日目 今日は移動のみ。再び縁楽堂さんへ。

2016 3/18

昨夜泊まった道の駅は前にも来た事があって、前は見れなったZガンダムを今朝は見ることが出来ました(^^)。

夜はシャッターが閉まってて見れないんだけど、朝は早くシャッターが開くみたいで起きたときにはすでに姿が見えてた(^^)。
2016 03 18-1

よくこんなの作ったなぁ。しかし・・・、ちょっとバランスがおかしいいような (^_^;)。
2016 03 18-2

こうやってみると、これもよく出来てるんですけど、お台場にあるガンダムってすげぇよく出来てるよなぁ。
2016 03 18-3

さて、今日は移動するだけなんで、書くことが無いんですが岡山県に来るといつも思うことを書いていこうと思います。

これ岡山でよく見る山の景観なんですが、分かるかなぁ?
2016 03 18-4

これもそうなんだけど、どうですか?
2016 03 18-5

なにが違うかというと、植林の割合が圧倒的に少ないんですよね。

植林した杉や檜っていうのは一年中葉っぱがついてるけど、原生林のところは冬になると葉が落ちて、春になったら新しく葉が出てくる落葉樹(そうじゃない木もありますが)。

で、そんなに気にしてみている人はいないと思うんですが、春から夏にかけては植林してある山ともともとの原生林の山とは色が違うんですよね。原生林の方は明るい緑の山、植林されてる山はどす黒い緑色の山って感じかな。

というわけで、落葉樹の山は山の色が凄く綺麗なんです。

おいらの地元の鹿児島はほとんどが杉を植樹されている山がほとんどなので、岡山にはじめて来たときは山の色が綺麗で驚いたのを今でも覚えています。

で、もう一つ、これはおいらが思っているだけで間違っているのかもしれませんが、落葉樹は葉が落ちて、その葉が分解されて新たに養分たっぷりの土になるけど、葉が落ちない林はそれがないから土がやせていくんじゃないかなと思うんですよね。

それと、間伐とかの手入れをせずに放置されている山を多く見るんですが、木も大きく育たないし、太陽の光が全て木に遮られて地面に太陽の光が届かないっていうのも土を痩せさせる原因の一つじゃないのかな・・・と思うんです。
その理由は、なんて説明したらいいのか・・・。
頭の中ではなんとなく説明できるんですが、文章にするのは難しいなぁ・・・。
う~ん・・・。
太陽の光と水っていうのは命の源じゃないですか。だから・・・、そういうことです!。
こんな説明ですみません・・・。

あ~、文才の無さが悲しい(;´д`)ゞ

この2つは、おいらがなんとなく思っているだけなんですが、でも、そんなに間違っていないような気がするんですけど、どうなんですかね・・・?。

でも、植林に関しては、ただたんに岡山の山の土壌が植林に向いていなかったというのも考えられますけどね。

というわけで、おいらはこんなふうに走りながら山を見ているんですが、こういうことに詳しい方がいたら、是非一度そういう話を聞いてみたいなぁと思っています。


で、今日は昼から天気が悪くなるという予報だったので、12:00には姫路の縁楽堂さんへ「ただいま~」と戻って終了です(^^)。


こんな感じの旅635日目でした。


↓のバナーをクリックしていただけると、ランキングが上がるらしいのでポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments
 それで間違いないと思いますよ!
以前、スズキのロータリーエンジンバイク「RE5」で一度だけコメント差し上げた、石岡のみっちゃんと言います。

山の木の違いについて気付いて下さりありがとうございます!
私は薪を自分で作り、それで暖をとる生活をしていますが、ひろどんさんの言われる通り、森を適切に保つことってとても大事なことだと感じています!

ひろどんさんの言われる通り、「間伐」など適切に手を加えることにより、森が活性化していると思います。

人がまったく手をつけていない、例えば「白神山地」や「屋久島」なんかでは、そのままで自然のバランスが保たれた森になっているのですが、いわゆる人里近くにある「里山」では、人が暮らしやすいように、上手く手を加えた森が、結果的に動物たちも住みやすい森になり、お互いが共存しやすい環境になっているようです。

適切に間伐された森は、地面に適度に光が当たり、そこには山菜や木の実をつける木が生え始めます。
それを食物連鎖の基盤として、人も動物も住みやすい環境になっているようです。

この返のお話は、私なんかよりも、残念ながら面識がないのですが、おそらく日本一周ブログ村の中のリアカー日本一周の「マサーヤンさん」がもっと適切に説明して下さると思うのですが…。

 Re: それで間違いないと思いますよ!
石岡のみっちゃん さん コメントありがとうございます。

自分の考えが全て正しいとは思ってはいませんが、全て間違っているとも思えないんですよね。

自然の森に一度人間が手を入れた森は、その後ずっと手を入れていかないといけないということですよね。
森を適切に保つというのは難しいことだと思います。

Body
プロフィール

ひろどん

Author:ひろどん
鹿児島在住のおっさんです。
まだ若いころバイクで日本一周をしようと考えるも実現せず、今回年齢的にも最後のチャンスと思いカブで日本一周旅に出ます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。